【動物病院NORIKO】メルマガ 2019.5.7

こんにちは。
Dr.NORIKOのメルマガです。

2019年5月7日火曜日

 

申   辰

  七     三    五
  六    一
  二  ア      九          破

赤口

 


DR.NORIKOのワンポイント

令和になり、10連休も終わり、時代は大きく動き出しています。
そんな新しい時代に柔軟に世の中の動きをみて自分にあった道を選択してください。
「この世の道は生まれる前から決まっています。すべてあなた次第です。」
「あなたの戦いの相手は自分次第です。」
それに気がつくと楽しい日々が送れます。

私が麻布十番で開業したのは、1982年(昭和57年)4月20日。
一番大変だったことは、借入金が金利8.5%以上で、
銀行が相手にしてくれない時代でした。
この数年後に時代は急変して、銀行がいくらでも貸してくれる時代に移行します。
それがバブル時代でした。
病院を始めた時代は、東京のど真ん中で、テナントを借りて営業することは自殺行為だと、
多くの諸先輩方から意見されましたが、私も色々考え、そして迷い、最終的に占いもして、
ど真ん中で仕事を始めました。
運よく麻布十番の病院は最高に忙しかった。
この時代、動物病院の女性院長は大変珍しく、
「動物病院NORIKO」の名のもと、東京大学のバックアップもあり、楽しい時代でした。
開業時、わたしは女の厄年で、1981年11月に店舗の契約をして、
翌年2月4日まで内装工事を待ち、三ヶ月間は家賃を支払うのが最高に大変でした。
(この時期、病院の内装工事をすることができなかった)
テナント契約時のオチに、オーナーのW氏から、
裏金で60万円請求されました。
この時代、日本のど真ん中で動物病院にテナントを貸してくれるのは、なかなかありませんでした。
W氏に「60万円はなんで?」
と聞いてみると、
「銀座で遊ぶお金」
と答えました。
頭にきましたが、そこは仕方なくお支払いしました。
彼の良いところは、ご自分のご愛犬を奥様が病院に連れて見えて、
このご愛犬の一生の間に60万円かかりました。
W氏の人生は刑務所にも入り波乱万丈です。

世の中、ツーペイになることが多いです。
麻布十番は多くの業種、色々な国の人が多い街。
多くのお客様にいらしていただき、
あっという間に借金返済になり、バブルにも巻き込まれないで、
多くの人に助けられ、ここまで来る事ができました。
感謝です。

人の一生は9年周期で、良いときも悪いときもあるのですが、
多くの人と出会うと9種類の運を人それぞれから借りることが出来ます。
ご自分の良いときは運の悪い人に貸してください。
そうするとツーペイになります。
多くの出会いが財産です。

過去にこんな体験がありました。

<体験談①>
今から40年前のある日の勤務医時代。
繁殖家のお客様が多いでした。
次から次へとアメリカから輸入している犬が吐いて、下痢して、血便になり死亡。
原因がわからないと病院でも頭を抱えました。
東大教授に聞いてもわからない。
無論、日本中の動物病院は知らない。
このときの治療は点滴しても、多くの薬剤を使用しても効果はない。
血液検査したところ、白血球が無くなっていた。
挙句の果てに、数頭は試験的開腹手術を行いました。
小腸から大腸にかけて、粘膜はベロベロに出血していました。
ただ、パイエル板が粘膜面から異常に隆起していました。
これは伝染病の可能性が大きいので、感染経路を考えました。
でも、わからない。
アメリカの獣医師に連絡してもはっきりしませんでした。
カルフォルニア大学のデービス校に連絡したら、
「犬のパルボウイルス感染症」
と返事がきました。
さぁ、大変だ!!!
犬同士の感染は、あっという間に日本中に広まりました。
しかし治療方法はない。

その当時、このような治療方法を試みました。
1.24時間静脈点滴をし、そこから栄養を入れる。
吐くので、口から食べることが出来なかった。
キシリトール・アミノ酸・ビタミンB群・ビタミンC(3~5g)の大量投与。
抗生剤の投与。
制吐剤。
2.元気な犬の血清をとり、注射。
3.体を温める。
4.白血球増多薬剤の投与。
5.肛門から注腸で、ブドウ糖などを入れる。
6.消毒は手袋、マスクを着用し、床、ケージは塩素系消毒剤を使用。
タオルは使い捨てにする。
犬同士の接触は禁止。
飼い主さんも他の犬を触らないようにする。
7.危険はありましたが、猫パルボウイルスのワクチンを使用する。
すると、嘔吐が止まり、血便が軟便になり、白血球が増え始めると改善が見られました。
その後、水を飲み、スープを飲み、お粥を食べられるようになりました。
ただし、今度は白血球が増えすぎて死亡してしまうケースもあり、
完全に戻るのには、最低でも2週間はかかりました。
この方法で、30~40%は助けることができました。
ただ、この犬たちが入院中は外科専門の病院もしばらく手術はできず、
他院で行いました。
日本中、この数年間で多くの犬が死亡しました。

現在は、犬のパルボウイルスのワクチンはできていますので、
予防注射の効果は90%以上です。

<体験談②>
パルボウイルス感染症といえば、開業した1982年夏前。
1頭の犬が隔離犬舎に入院しました。
この犬は雑種犬(マタギ犬のような)ワグナー号♂
生後数ヶ月でした。
入院後数日後、仕事を終えた飼い主さんが面会に見えましたが、
わたしの病院の床は柔らかい板なのに、
下駄でガタガタと入ってきました。
その瞬間、わたしは、
「あぁーあぁー床が…」と思いました。
わたしは知らなかったのですが、
この飼い主さんは“天井桟敷の寺山修司さん”でした。
ワグナー号の生末はどうなったかというと…
飼い主さんは犬が大好きで、暇さえあれば面会にみえていました。
わたしは寺山さんにどことなく親近感を感じていました。
それはなぜか?
彼の言葉は、南部弁のアクセントだったから。
わたしは大学時代に十和田市にいましたので、かなり懐かしい言葉でした。
ご愛犬は3週間ほど入院し、無事に退院しました。
ワグナー号は飼い主さんと港区三田で暮らしていましたが、
1983年5月に寺山修司さんが亡くなり、
ワグナー号は数年後に彼女とオランダに移住しました。
その後、どうなったか?
今ごろ、ワグナー号は天国で寺山さんと遊んでいることでしょう!

今日は皆様に、健康のために是非食べていただきたい
「寝かせ玄米」「酵素玄米ごはん」についてお話します。
この食事は、病気になりたくない人、病気の人には必須の主食です。
生き物には、酵素が不可欠です。
やわらかくすれば、犬にも与えてよいです。

[主な働き]
1.代謝酵素が活発になり、基礎代謝が高くなる
2.消化促進。栄養の吸収を良くする
3.新陳代謝が促進される
以上のことから、
・浮腫解消
・便秘解消
・デトックス効果
・血液増進
・血液循環促進
・皮膚の美容効果
・ダイエット効果
が見られます。

[材料]
・玄米 600g(4合)
・小豆 50~100g(小豆の量はお好み)
・天日塩 3~5g
・水 1000~1100cc

[作り方]
玄米を洗い、水に3~5時間浸す。
小豆を洗い、水に3~5時間浸す。
玄米と小豆と塩を混ぜて、
なでしこ炊飯器にて、発芽時間5時間設定で炊く。
酵素玄米ごはん・寝かせ玄米は保温して、
毎日数回混ぜて、3日間経過すると食べられます。
10日間で食べてください。
酵素は高温で壊れてしまいますが、
炊飯器で高温で炊いても酵素は壊れません。
ビタミンEとポリフェノールが含まれるため、酸化を防ぎます。

※なでしこ炊飯器がない時※
玄米と小豆は、一晩水に浸けて、炊くときは水の量を100cc増やしてください。
夏場は、一晩冷蔵庫内に置いてください。

天候不順で体が疲れます。
是非「酵素玄米ごはん」を食べる習慣を身につけましょう。
「酵素玄米ごはん」は心のリラックス効果もあります。
心の安定のために、自律神経の副交感神経を優位にしましょう。
連休後で、心と身体が疲れています。
玄米酵素ごはんで、腸活を行いましょう!!!

 

※※お知らせ※※
【ヤマザキ学園での診察をご希望の方】
完全予約制となりますので、予め電話にて予約をお願いします。
診察日:5月12日(日)、6月9日(日)

〒403-0016 山梨県富士吉田市松山1664
電話 0555-72-8322
FAX 0555-24-1628
フリーダイヤル 0120-091176
営業時間 9:30~16:00
商品配送受付 昼12時までにお願いします。
水曜・土曜・日曜・祝日はお休みさせていただきます

 

発行元:
動物病院NORIKO/Dr.NORIKOペット自然療法院

〒403-0016
山梨県富士吉田市松山1664
フリーダイヤル:0120-091176
TEL:0555-72-8322
FAX:0555-24-1628
ホームページ:http://animalhospital-noriko.com/
メルマガ配信に関するお問い合わせ:dr.noriko.m@gmail.com
※メルマガ配信以外のお問い合わせは、ホームページ記載のアドレスへお願いします。

<メールアドレス変更の方はコチラ>
https://www.agentmail.jp/list/change/3440158/

<メールマガジン配信停止はコチラ>
https://www.agentmail.jp/list/delete/3440158/10/255377/1557196200/

お使いの機種により、一部内容が表示されない場合がございます。
予めご了承ください。

本メールの無断転送・転載は禁止します。

【動物病院NORIKO】メルマガ 2019.5.7