【動物病院NORIKO】メルマガ 2019.4.30

こんにちは。
Dr.NORIKOのメルマガです。

2019年4月30日火曜日

 

丁   酉

  九   五      七
  八  破   一     三
  四   六  ア     二

仏滅

 


DR.NORIKOのワンポイント

本日、平成31年4月30日は、平成最後の日。
明日から令和元号が始まります。

私たちは、自然界の中、宇宙の法則に従って生かされています。
生き物は、それぞれが生かされる意味があってこの世に誕生します。
それに“各々が気づくかどうか”がこの世の修行です。
この世の修行が無事に終了しないと、多くの課題が次々に与えられます。
その点、人間とは違い、動物たちは、自然界に対する生き死にを素直に感じ取ります。

最近、特に感じるのは、本当に家族のことを心配しているかどうかです。
日本人の多くは、人や動物は、医師・獣医師が病気を治してくれると思っている依存性が高い国民。
確かに、何か問題があれば病院へ、病院の多くは症状を緩和させてくれるが、
治すわけではない。多くを治せない。
特にひどいのは、病院や動物病院に行っても、
何を説明されて、何の薬をもらったのか、聞いてこない。
聞いても理解ができない。
そのような状態でどうするのか。
訳のわからない薬を病院・動物病院から処方されて飲んでどうするのでしょうか。

腕の良い先生は、薬はほとんど使いません。
訳のわからない薬は処方しません。

中国では、かつて医者に位がありました。
薬を使用して病気を治す医者は「下医」
食べ物と薬を使用する医者は「中医」
食べ物だけで病気を治す医者は「上医」「食医」
「上医」は国から認められた優秀な医者だった。

本当に生きることに関して国民全体の危機管理の無さ、
依存性が高いことには呆れています。
これでは医療費は40兆円をオーバーしてもっと増え続けます。
残念ですが、わたしはそんな国で暮らしています。

だから自分自身でピンピンコロリで死ねるように、
自分で治す力を養いたいと思います。

時代が急速に変化しながら動かされています。
もしかしたら上から大きな力で操作されているのでしょう。
そんな時代に変化しているのです。
もっともっと住みにくい世の中になります。
元気で、この世を生きましょう。

体を楽にさせるためには…
◆食事の管理
<人の場合>
・主食は酵素玄米(寝かせ玄米)が一番お薦め
・季節の野菜・イモ類・豆類を中心に摂り、発酵食品も一品は摂る
・肉は週一回くらいにし、魚中心に摂る
[肉を摂る場合]
生酵素のネギ、生姜、にんにく、玉葱、クレソン、トマト、わさびを必ず一緒に摂る
・乳製品は摂らない
・味噌汁は必ず摂る

 <犬の場合>
・なるべく手作りで生肉をお薦め
生肉は、人間が生で食べられるかどうか、
また生肉取扱の専門業者から購入したものにしてください。
・野菜は、生野菜(キャベツ、白菜、小松菜などのアクの少ない野菜を中心)
・ネギ、にんにく、玉葱は禁忌
・生野菜が消化が悪い場合は、蒸し野菜にする
・果物は糖質の少ないもの
・バランスの目安は、【肉(魚)4 : 野菜3 : 穀類1~2】

 <猫の場合>
・バランスの目安は、【肉(魚)6~7 : 野菜1~2 : オイル1】

※犬猫の食事は、忙しく手作り食が難しい場合は、オーガニックの簡易ペットフードでも良い
※材料は、無農薬、低農薬のものを心がける
※ペットフードを使用する場合は、優良店から購入する

味噌、梅干しは良いものを選択する
私は、5種類の味噌と梅干しを作っています。
味噌を使用する際は、熱を加えないよう、最後に混ぜて使用してください。
私は、お椀に味噌を入れてからスープを混ぜ、最後に具を盛ります。

調味料はケチらない
私は、みりん、醤油、豆板醤はなるべく自家製のものを使用しています。

ゴマ、きな粉、オリーブオイル(エキストラバージン)、納豆はおすすめ。
優良店から購入して、私と犬で一緒に食べています。

水は良いものを選択してください。
私は、バナジウム井戸水を磁気活性器具を使用して飲んでいます。

サプリメントは、サケの白子核酸・ビール酵母、ハトムギCRDエキス、
大豆醗酵液、微生物酵素、オメガ3・6をお薦めです。

◆自律神経のバランス
人間と犬は、昼間は交感神経が働くため動き回り、
夜は副交感神経が働くのでゆったり体を休める。
猫は夜になると交感神経は働くので動き回り獲物をとり、
昼間は副交感神経が優位になり、眠ることが多い。
このバランスが壊れると、体と心の病気になりやすい。
人間は便秘になりやすい。
便秘や下痢の場合は早めに解消してください。

皆様、平成を振りかえり、未来をどう生きるか、お考えください。
新年からは、人間がしっかりと多くのことを理解できないと、
犬猫は幸せにはなれません。
人に危機管理をもってもらえるよう、わたしも頑張ります。

 

※※お知らせ※※
【ゴールデンウィーク休業のお知らせ】
4月27日(土)~5月6日(日) 10日間お休みします。
ご迷惑おかけいたしますが、何
卒ご了承の程、宜しくお願いいたします。

【ヤマザキ学園での診察をご希望の方】
完全予約制となりますので、予め電話にて予約をお願いします。
診察日:5月12日(日)、6月9日(日)

〒403-0016 山梨県富士吉田市松山1664
電話 0555-72-8322
FAX 0555-24-1628
フリーダイヤル 0120-091176
営業時間 9:30~16:00
商品配送受付 昼12時までにお願いします。
水曜・土曜・日曜・祝日はお休みさせていただきます

 

発行元:
動物病院NORIKO/Dr.NORIKOペット自然療法院

〒403-0016
山梨県富士吉田市松山1664
フリーダイヤル:0120-091176
TEL:0555-72-8322
FAX:0555-24-1628
ホームページ:http://animalhospital-noriko.com/
メルマガ配信に関するお問い合わせ:dr.noriko.m@gmail.com
※メルマガ配信以外のお問い合わせは、ホームページ記載のアドレスへお願いします。

<メールアドレス変更の方はコチラ>
https://www.agentmail.jp/list/change/3440158/

<メールマガジン配信停止はコチラ>
https://www.agentmail.jp/list/delete/3440158/10/254128/1556594400/

お使いの機種により、一部内容が表示されない場合がございます。
予めご了承ください。

本メールの無断転送・転載は禁止します。

【動物病院NORIKO】メルマガ 2019.4.30